創立100周年記念事業委員会

組織図と大まかな役割

100-anv-soshiki

 

機関決定と話し合いの場

(1)誠鏡会の機関決定
本部・支部総会
・事業内容実施の承認
・支部総会において実施内容の説明・報告

幹事会
・創立100周年記念事業委員会から実施内容の提案・報告・審議・採決

役員会
・創立100周年記念事業委員会から提案・報告・審議・採決する

(2)創立100周年記念事業委員会の話し合いの場

幹部会(4役会+総括部会長+部会長会議)
・事業委員長、副事業委員長、幹事長、副幹事長、総括部会長、部会長で構成する
・事業に関わる主要な方針について議論し事業委員会に提案・審議・決定する
・必要に応じて各正副委員長を出席させることもある

事業委員会
・事業委員長、副事業委員長、幹事長、副幹事長、総括部会長、部会長、グループ長、会計、会計監査等で構成する
・重要な案件ついて議論し、その結果を誠鏡会役員会に提案・審議・決議する

各専門グループ
・各専門グループは指定されたグループ長と各理事で構成する。
・各グループ長が必要に応じて招集し専門グループ会議を開催し審議を行う。
・各専門グループ会議には総括部会長・部会長・幹事長・副幹事長は必ず出席する。
・専門的な案件ついて議論し事業委員会に提案・審議・方向性を定め、事業役員会に提案する

(3)創立100周年記念事業委員会会則の検討

(4)大まかなスケジュールの検討

(5)担当役員の選出・確定